映画『あいときぼうのまち』

日本の原子力政策に翻弄(ほんろう)された一家の4世代70年にわたる葛藤を、四つの時代を交錯させて描く人間ドラマです。

福島県出身の菅乃廣監督の父親が生前に発した「この奇病は昔原発で浴びた放射能が原因かもしれない」という一言をきっかけに企画され、脚本を若松孝二監督の弟子で、『戦争と一人の女』で長編初監督を務めた井上淳一が手掛けています。

キャスト‥夏樹陽子、勝野洋、大谷亮介、千葉美紅が名を連ねている映画。

どちらかの映画館で観てもらえれば いろいろなことがわかると思います。
感じ方は人それぞれですが。。
きっと今の現状が想像できる筈です。

映画『あいときぼうのまち』予告編
↓  ↓


公開記念トークイベント/夏樹陽子さん
↓  ↓


公開記念トークイベント/鎌田慧さん × 井上淳一さん
↓  ↓



2014年11月25日